2018-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉時代からの村人の願い

20080502231304
田植えの風景を、最近めっきり見なくなりました。

近くに田んぼや畑は無いし、仕事で田畑へ赴く事も無いからです。

ただ私は、大の「米好き」です。
炊きたての白米は、オカズが無くても食べられます!
えぇ、何杯でもイキますが…なにか(笑)?



5月は 田植えが始まる季節ですね。


田植えの経験は…
小学校の時に、お米作りの授業があって、田植えから稲刈り、精米するところまで一年間かけてクラス一丸となって、作りました!
最後は美味しくいただちゃいましたけどね(((^_^;)


先日、横浜にある鶴見神社が
だいぶ人で賑わっていたので、
通りかかったついでに立ち寄ってみました。

模擬店や和太鼓、雅楽演奏の後に、民族芸能『田祭り』が行われていました。


田祭りは、鎌倉時代から伝えられている横浜最古の民族芸能だそうです。
一度無くなってしまったものを田祭り保存会の手で、復活させたんですって。
いやいや
知りませんでした~!

模擬店には近くの商店街からの店や、身障者作品の店や、地元中学生の店などで、お腹がすく香りプンプンっ(笑)!

腹ごしらいをしたところで、
まず最初は、チビッコ達大活躍の和太鼓演奏!
「いよっっ!ドドドン!」
なかなか様になってる!

お父さん、お母さんはカメラポジションを早くから抑えています!我が子の晴れ姿ですね(((^_^;)
綺麗に撮ってあげてね!

続いて、ヤマブシの和太鼓。
こちらは大人がやるだけあってテンポが良い!
リズムが複雑で、難しそうです。

雅楽や琴などの後、いよいよ民族芸能が始まりました。
豊作を祈る祭りです。
しかし、よくテレビで放送されるような、華々しい祭りと異なり、
しずかな田舎の祭りのようでした。


地元の方々…と言っても、この神社は駅前で、近くに住んでる人は、あらかた仕事人や、地方から来た学生だったりするのでしょうから、
こんな祭りを復活させるのは大変なことだったでしょうね。

祭り太鼓は、活気があってドキドキしたけど、
民族芸能は、鎌倉時代を物語るように、華やかさに欠ける感じ。
ただ、民族衣装を身に纏った地元保存会の方々が、厳かに達振る舞う姿は、重々しく、
祭りを皆が協力して作り上げた感じがして、良かったー。

それは…長野に住んでた頃の、村の祭りみたいで、私は好きです。


最近は、テレビの影響か、派手な祭りばかり目を奪われますが、
村人の願いや、食物を頂ける感謝を意味したものに、必ずしもパフォーマンスは必要じゃ無い。
だとすると、古くから伝わる祭りや民族芸能が、マイナーであっても、伝承されていって欲しいなって思います。

特に、こんな都会で、一度無くなってしまった祭りだそうですが、
是非、来年も再来年も、ずっとずっと続けて欲しいなって、深くそう思いました。



祭り太鼓…初めてみようかなぁ?

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marinkorin.blog52.fc2.com/tb.php/45-a4403dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

職人 «  | BLOG TOP |  » 春風を追い掛けて…その2

プロフィール

マリンコリン

Author:マリンコリン
************
年齢:♡
性別:♡
住所:地球外 マリンコリン☆
職業:食事を美味しく食べられるようにしてあげる仕事
趣味:食事、旅行、ダイビング、フォトシネマ
************

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。