FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風を追い掛けて… その1

暑い…

思いたったら吉日!とばかり…
急にこの週末、青森県まで日帰りで行くことにした。


私はこの時期、まだ東北は肌寒いのかとばかり思い、ニットワンピースにスプリングコート、サクラ色のマフラーをはおって新幹線に飛び乗った!


新幹線は「はやて」。
秋田新幹線「こまち」とドッキングしての走行。盛岡で切り離し、終点は八戸。車窓からは、まだ水が張られていない田んぼが一面に広がっている。

遠くに桜が見える。こちらは今が満開らしい。
これは、弘前城の桜が楽しみになってきたぞ!

東京駅で買った幸福駅弁。ちょっと高級。お煮絞めが中心に入り、魚、鴨居のクンセイであろうか…最後に一口サイズの大福を楽しめる。
小さな幸福を口に運ぶと、満腹になる…と言うわけだ。20080420194309

幸せに腹膨らませ?リクライニングシートに深く座り、ウトウトしていたら、いつの間にか八戸へ到着していた。


ここからは、なんと豪華に「スーパー白鳥」!
津軽海峡の下、青函トンネルを抜けて函館へ向かう特急である。

外観は、伊豆半島を下る「ビュー踊り子」の様な電車かと想像したが、もう少し現実的な電車であった。

青函トンネルは丁度、国鉄からJRに変わる頃に、作っていた記憶がある。まだ、私は小学生であった。
北海道と本州をつなぐ、この海峡は、有名な歌謡曲すら生んだ。北国の厳しい冬を、せつなに歌っている。この海峡を越える連絡船が、どんなに大変だったのかは想像でしかないが、海峡の状態で行き来が困難な場合もあったであろう。確実に渡れるトンネルは、地元の人に当たり前のように浸透し、この日もほぼ満席であった。


その津軽海峡は、深さは約140mであり、その下100mをトンネルが走っている。
海峡の幅は23.30kmで、その前後を含めたトンネルの全長は53.85kmに及ぶ。
一大プロジェクトであったことだろう。

今回私は、海峡手前の青森で乗換えになるが、一度渡ってみたいものである。

いやはや遠い…。

やっと青森。
ここからローカル線で更に約一時間揺られて弘前にやっと到着したのであった。


「お客すぁん、いい時来だね。桜は昨日から満開だよ」かなりナマッてタクシーの運転手は言う。

東京の桜は約2~3週間前に見頃を過ぎてしまった。
何だか桜前線を追い掛けて来たみたいだ(^o^)/。

弘前は快晴!
窓を開けると、春風に包まれたタクシーは軽快に走り出した!

……つづく……
スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●

タイトルかっこいい~

こんばんはお疲れ様
青森は桜が見えるんですねでも…女の一人旅は淋しいですね
しかし、今回は、タイトルがかっこいいね『春風を追い掛けて…』なんて…今の季節にピッタシだねマリンコリンさんには、まだだけど…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://marinkorin.blog52.fc2.com/tb.php/43-7db36997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

春風を追い掛けて…その2 «  | BLOG TOP |  » フォトコンテスト

プロフィール

マリンコリン

Author:マリンコリン
************
年齢:♡
性別:♡
住所:地球外 マリンコリン☆
職業:食事を美味しく食べられるようにしてあげる仕事
趣味:食事、旅行、ダイビング、フォトシネマ
************

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。